あしたも元気 「げんき工房」院長のひとりごと

完全無痛の整体法を武器に亀戸の町で大暴れ、多くの人の元気を回復させたいと大志を抱く男のつぶやき。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懺悔いたします


今日は、懺悔したいと思います。

昨日の事でした。

3時半ごろ、一人の男性が入っていらっしゃいました。

ちょうど施術が終わって、患者さんと次回の受付のご相談をしている時

でした。

患者さんとのお話を一時中断して、「どうされました?」と

声をおかけしました。

男性は、

「スミマセン。続けて通うことはできないんですが、クイック的なもの

をやってもらえますか?」

と仰いました。

げんき工房では、そういったメニューは設けていません。

「どうしたんですか?どんな症状ですか?」

とお聞きしたところ、肩、首回りが硬くて仕方がないそうです。

私は、

「ここでは、マッサージのような事はやっていないんですよ。症状を改

善していく整体なので、クイックマッサージをお望みなら、他のところ

で受けていただいた方がいいかもしれませんよ。」

とお断りしてしまったのです。

ご予約の患者さんがこの後にもいらっしゃり、一時間程お待ちいただく

ことになるだろう。そこまでお待たせするのも悪いかな?という気持ち

もありました。

「分かりました」

と、男性はお帰りになったのですが、受付をしていた患者さんが

「先生は商売っ気がないんですねぇ」

と笑っておられました。

「ここの施術はご存じのように、揉んだり、マッサージみたいなことは

しないじゃないですか。だから、今の方のように軽く整体して欲しいと

いう方には、満足していただけない事もあるんですよ。お互いいやな気

持になるよりは、患者さんの為だと思うんです。」

と申し上げました。


さて、本当にそれが患者さんの為なんでしょうか。

いいえ、違うんです。私の為だったんです。私が患者さんを満足させら

れないという嫌な気持ちに成りたくないから、お断りしてしまったんで

す。

不調で悩む患者さんを前にして、整体師としてやってはいけないことを

やってしまったのです。

たとえ、続けて通う意思がない、クイックマッサージでもいいから楽に

なりたい方でも、まず、きちんとお話をうかがって、しっかり説明をし

て、出来るなら、施術を受けていただくべきだったのです。もしかした

ら、この一回で不調が改善されて、もうマッサージなどを受けなくても

いい身体に変化させられたかも知れないのです。

あとになってから、じわじわ心が暗くなってきてしまいました。

俺は、何て事をしてしまったんだろう…



ホームページなどでも、書いてあるのですが

当院の施術法は、揉んだり叩いたりボキボキしたりしない

完全無痛の整体法を取り入れています。

優しく触れて、ゆっくり揺らす。体に負担をかけない方が改善しやすい

のです。
強い刺激をお望みの方にはご満足いただけないかもしれない。

だから、本気で改善したい方にいらしてほしい…と。


しかし、体が辛い、どこかが痛い、不調をお持ちである事には変わりがないはずです。

そうではない方にこそ一度受けていただいて、その良さを分かってもらうこと、本気で改善していこうという気持

ちになって頂く事がが大切なのかもしれません。


でも、これだけは言えるのですが

やはり、良くなりたい!痛みから解放されたい!

良くなるんだ!痛みから開放されるんだ!という思いをお持ちか、お持

ちでないかで、改善の度合いは全く違ってきます。

そういう気持ちを持っていただけるようにするのも、整体師としての私

の仕事なのかもしれません。


昨日、お断りしてしまった男性の方、

本当に申し訳ありませんでした。もし、このブログを見て下さったなら

、もう一度いらしてください。しっかりと説明、施術させていただきます。

それから、現在当院に通っていただいている方、これから施術を受けて

みようかどうか考えている方、皆様にお詫びいたします。

整体師として、プロとしての自覚の無さを反省し

さらに進化したげんき工房にしていきます。


本日は私の懺悔ににお付き合いいただきありがとうございました。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。